セフレが欲しくて仕方ない男性のためにセフレを作る方法を伝授しています。主に一番効率の良い出会い系サイトを駆使した手法をメインとしています。30代、40代のおじさんでも若くて可愛いセフレを作れます!

セフレ募集したいなら出会い系が一番!【非モテオヤジでも出来る!】

コラム

セフレと出会う方法/リアルとネットを網羅

更新日:

セフレを作ろうと思ってもどうやって出会えばいいのかわからない。そんな悩みをよく聞きます。街を歩けば山ほど女が歩いているのに、全く接点が見つからない。

「ヤリマンやビッチって本当にいるの?都市伝説なの? 」などと思ってしまいますよね。私もそんな風に思っていた時がありました。

しかし、それはセフレを探そうと本気でしてなかったからわからなかっただけで、視点を変えてみるとあらゆるところに機会が転がっていることが見えてくると思います。

積極的にセフレを作りたいと日ごろから意識しているいることで出会う機会は転がってきます。男だけではなく女にも性欲がありセックスしたいと思っているのは厳然たる事実です。

この記事ではリアルとネット両方の出会い方をそれぞれ紹介しています。個々の出会い方にはメリット、デメリットそれぞれあります。それらを踏まえて自分に合ったやり方を見つけてください。

ちんこを勃起させて性欲丸出しで行動する前に、まずはリサーチです。古代中国の天才軍師である孫子も言っています「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と。

それなのでここでどんな狩場があるかを知ってください。そうすれば今後の方針が見えてくると思います。

リアルでセフレと出会う方法

リアルでセフレを見つけることの最大のメリットは、相手の顔やスタイルを肉眼で確認することができることです。ネットの場合、とんでもないブスだったりデブだったりする相手と無駄にやりとりするリスクもあります。

しかしリアルでは自分の許容範囲の女にのみアプローチができるので無駄がありません。

一方デメリットは自分の姿も相手に確認されます。なので大半のイケメンでない男は不利な戦いを強いられます。一般的には男の方が異性の容姿にこだわると言われていますが、僕の経験から言うと、出会いの場では女の方が男の外見にうるさいです。

意外に思われるかもしれませんが事実です。なのでリアルは圧倒的にイケメンが有利なわけですね。みなさんもある程度実感してるんじゃないでしょうか?

しかし絶望することありません。イケメンでなくても結果を出すことも数をこなせば可能です。世の中にはいろんな趣味を持った女性がいるのでアプローチの数を増やせば自分のことを好みの女性に出会う確率が増えるわけです。

元カノ

女性と付き合ったことのある人にとっては1番簡単で手っ取り早い方法ですね。もうすでに関係のある相手なので元カノがこちらに未練があればそれを逆手にとって肉体関係だけを続けることも可能です。

女性視点で見るとクズ男なんて言われそうですけど笑

またはセックスの相性が良い場合、相手に恋愛感情なくても肉体関係を続けることができます。

ただ相手が恋愛感情を抱いているほど楽ですね。

わざわざ元カノとセフレになりたいかというと何度もすでにセックスしている相手なので飽きていたりして、面白みはありません。興奮度も少ないですよね。

それなので、よっぽどスタイルが良い、マンコが気持ちいい、感度が良い、エロかったりしない限りあまりお勧めできる方法ではありません。

女友達

これも既存の関係をセフレにつなげていくパターンですが、元カノとは違い新規なので興奮度も高いですね。しかし私たち非モテにはなかなか女友達はできません笑

それに、共通の知り合いとかがいっぱいいるため下手にセックスだけの関係に持ち込もうとすると、失敗したときに悪い評判が広がるリスクがあります。

なので口の堅い女性を選ぶ必要があります。基本的にリアルでは口の軽い女はターゲットから外した方が無難でしょう。でもトラブル上等であればガンガンいっちゃってください笑

それから男として見られてるかどうかが勝敗のカギでもあります。自分のハードルは2人きりで飲みに行けること。そこからいかにセックスを連想できるようなトークをし少し強引にオトコを見せてセックスに誘い込む長期戦より短期勝負に持ち込みましょう。

職場 or 学校

職場や学校など毎日会う女性もセフレ候補として考えられますね。こういった集団生活の中の相手とはいかに一対一に持ち込めるかがセックスの1番の鍵です。

あまり女性経験のない男性のはいきなり告白して玉砕なんてこともありますが、そんなことするとあなたに確実に好意がない限り9割がた玉砕するでしょう。

とにかくどんな手を使っても良いので2人になりましょう。 (違法行為はNGです)

私は帰り偶然を装って2人になり、そこからつなげて食事セックスまで持ち込んだことがあります。とにかく2人で話し込めるようになりましょう。

カルチャースクール

英会話教室、料理教室、スポーツジム、ヨガ教室、ダンス教室などが女性が多くセフレ狩りをするには申し分のない釣り場です。学校や職場と違って悪い噂が広まってもすぐに辞められるので、ある程度リスクも取れます。

ただあまりにもガツガツしてしまうと浮いてしまい空気の読めない痛い男と思われてしまうので、できるだけでいいので興味のある分野の教室に通い、習い事もある程度真面目に取り組みましょう。

その習い事が、上達してくると女の食い付きも上がってきます。女は自分より上の立場の男に惹かれる傾向があるので、能力の高さを示すと好かれやすいです。少し遠回りに見えますが、圧倒的に口説きやすくなるので案外近道かもしれません。

ストリートナンパ

街中を歩いている女の子に声をかけ、そのまま連れ出して遊んだり連絡先を聞いて後日遊びセフレ化を目指します。

ストリートナンパは人間関係のしがらみは一切ありません。そして一度声かけた女とは二度と会うこともないので、いくら失敗しても気まずい思いをしないのが最大のメリットです。

しかし、何の接点もない女に声をかけるわけなのでかなり勇気のいる行為です。接点のない女と短時間で会話を弾ませなければいけないのでトーク力も求められます。そしてある程度のルックスも必要。

女はまず声をかけられたナンパ男の顔を確認し、顔面偏差値が女の基準値に達していないと無視か完全に塩対応してきます。そして街にいる女は必ず何らかの目的を持って歩いているので、その目的から自分へ興味を持たせるのは相当難しいです。

女の子を1人連れ出すのに何時間もかかるのは当たり前。そして何人か連れ出しやっと1人とセックスに至るわけです。この確率はナンパ師とトーク力に大きく左右されるわけです。

私のような非モテ出身の男はかなりの低確率で丸一日、朝から深夜までガンガン声かけてやっと1人セックスできるかできないかという感じでした。なので非モテ出身の人にはあまりオススメはできません。

逆にリア充イケメンにとってはこれほど効率の良いセフレの作り方はないと思いますね。1日3~5人くらいゲットしてる人もいます。

クラブナンパ

東京だと六本木、渋谷、銀座などにあるクラブで夜な夜なナンパが繰り広げられています。クラブは音がうるさいのであまり会話ができません。ではどうやって男たちはナンパをしてのかというと一緒に踊ったりノリでボディータッチしたりお酒を奢ってありしながら女たちの気を引きます。

あまりトーク力は必要ありません。その代わり外見が悪いと全く相手にされません。私もルックスが良くないのでクラブナンパではセックスできたことがありません。路上ナンパでは効率は悪いですが何度もセックスしたことありますがクラブでは歯が立ちませんでした。

クラブで上手に立ち回るにはEXILE系のファッションでチャラい感じになるのが効果的です。キレイめ系のファッションはウケが悪いのでクラブでは不利です。

それと、クラブナンパの場合、建物の中が薄暗いので女のルックスが実物よりも良く見えてしまいます。連絡先交換して後日あったら別人のようにブスだったなんてことはよくあることです笑

あとクラブで遊んでる女はガンガンいろいろなイケメンに声かけられてるので、 1回ゲットできてもセフレとしてキープするのは難しいです。

合コン

これはオーソドックスな出会い方ですね。男女の友人の人脈をたどり新たな出会いを見つける方法です。初対面の相手なので関係も元々希薄なため相当な無茶でもしない限りあとくされなく攻めることができます。

ただし人数集めやらなんやらで幹事になれば雑務も多く面倒です。それからチームプレーも要求されます。仲間を無視し自分ばかり可愛い子にアプローチしていると次からここに呼ばれなくなります。

仲間同士のパワーバランスもあるしイケメンかブサメンかで立ち回りも変わってきます。合コンで知り合った女は、なかなかその日にセックスに持ち込むのも難しくナンパに比べ効率が良いとは言えません。

友達が多いリア充向けの戦略のため私のような非モテには向いていないので個人的にはお勧めしません。

友達がいない人は有料で合コンセッティングサービスも利用できます。ただしその日に知り合った男とチームを組むので連携を取るのが難しいです。かなり高度なコミュニケーション能力も必要でしょう。

相席屋

相席屋は男性のみ数千円払い入場。女性は無料で飲み食いできる飲食店です。見ず知らずの男性と女性が同じ席で相席し会話ができるシステムになってます。つまり女性の飲食費は男性のお金から出てるのです。

お金を払ってお店側に合コンをセッティングしてもらうようなものですね。

そして全く出会う気もないのに飯だけ食いに来るような糞のような乞食女もたくさん混じっています。話しかけてるのに、スマホばかりいじって全くこちらを見ようとせずやる気もない地雷女です。

それから女は口説かれ慣れて擦れてるので、若干難易度も高いです。もちろん男が魅力的であればゲットすることも可能ですが、私のような非モテは厳しい戦いを強いられる訳ですね。

婚活パーティー

婚活パーティーは穴場といえば穴場ですね。ただし相手は遊びではなく結婚相手を探しているので、付き合ってるテイでセフレにする必要があります。婚活パーティーはライバルの男たちも非モテが多いので、こちら側が少しファッションや髪型に気を使えば頭1つ抜け出すことができます。

知り合ってセックスするまでは難しくは無いですが、特に付き合いたくもない女と付き合ってるフリをするのはしんどいですね笑

それに体目当てだということは婚期を焦ってる女にとって利害関係が相反するわけですね。なので別れ際とか、露骨にセフレ扱いしてるとゴタゴタするかもしれません。ただそういった罪悪感とかない鬼畜系男子にはお勧めかもしれません笑

バーナンパ

バーナンパと言うとハードルが高いかもしれませんが、HUB、300、333などナンパしやすいバーもあります。初心者の場合いきなり1人でバーナンパは勇気がいるかもしれませんが、友達と行くか、バーナンパに慣れているナンパ仲間をネットで募るのもいいでしょう。

ナンパバーにきている女の子達は、路上と違って声をかけても無視されることがほとんどありません。相手も話をしたがっていて出会いを求めていたり、遊びにきているので道端で声かけられた無視するような子も笑顔で対応してくれます。

そういった意味でクラブナンパやストリートナンパに比べてハードルは低く初心者向けではあります。可愛い子も結構いるし、相席屋と比べてもコスパは断然良いです。

ただ週末には男女比のバランスが悪く男が多すぎ男祭り状態になっている時もあり、競争が激化していたりします。手軽なナンパスポットによくありがちな光景ですね。

異業種交流会

異業種交流会は婚活パーティーに比べると女の子は可愛いです。婚活パーティーの場合、まともに男から相手にされないようなブスも結構見受けられるますが、異業種交流会では普通に清楚で可愛い子とも普通に出会えます。

参加費は一回あたり5~6,000円くらいです。正直言うとコスパはあまりよくありませんね。交流会ではできるだけ多くの連絡先を集めることを目的としてください。 1回参加して1人の女性に固執して連絡先1人分しかゲットできなければ、その女性に断られればおしまいです。連絡先1件だけならそれだけ後日1対1で会える確率も低くなります。

複数の連絡先を確保しておけば、どれか当たるかもしれません。こういう場所だと女性も愛想よく振りまくふるまい、声かけてきた男に興味がなくても断ることが気まずく連絡先を一応教えたりします。

だから相手が自分に興味を持っているのか持っていないのか見分けるのが難しいです。なのでできるだけたくさん連絡先を交換しておいてアプローチ先を増やしておきましょう。

キャバクラ

こちらは非常にコストがかかりますね。私のようなワーキングプアは気軽に通うことはできません。2時間ぐらいいておしゃべりするだけで2 ~3万円くらいなら簡単に飛んでいきます。

本当に可愛い子の多いようなレベルの高いキャバクラなんて行くと、あっという間に莫大な金が出ていきます。しかも大金を使ったからといってセックスできる保証はどこにもありません。

高い金を取るだけあって女の子の容姿レベルは高いです。お金に余裕がある高収入の人ならセフレ探しの釣り場として悪くないかもしれません。しかし銭ゲバ女も多いので、上手に立ち回らないとATMにされて終了です。

2回3回と回数を決めて1人のキャバ嬢をセフレ候補として狙い、ダメだったり金づるとして見られてると感じたら損切りすることも必要です。キャバ嬢の戦法にはまり、期待感を抱かせながらのらりくらりとかわされて、ズルズル通わされるのは避けましょう。

狙うならプロ意識の低い女子大生のアルバイトみたいな嬢がいいです。お金にガツガツしてないような嬢ならチャンスはあります。ただ安いキャバクラといえども相当カネがかかるので、数万円程度ならポンポン使えるような財力がないと懐具合が気になってセフレ探しに集中できません。

交際クラブ

パパ活という言葉が広まりだしwebドラマにもなっていますが、若い女が交際クラブに登録してお金をくれるパパを探す活動のことです。援助交際の新しい呼び方みたいなものですね。

こちらもキャバクラと同じ様にやたらお金がかかります。まともな交際クラブに入会すると数万円から数十万円の入会金がかかり、依頼するとセッティング料が3万円から10万円くらいかかってしまいます。交際嬢は素人のOL 、女子大生から風俗嬢崩れまでいて容姿レベルもピンキリです。

ランクの高い女ほどセッティング料や入会金が高く見積もられます。上位ランクには売れないグラドル、モデル、アイドルなどが登録しています。

そしてセッティング料とは別に、女に渡すお手当が必要です。まず食事するだけで相場として5,000円から1万円ほどを渡します。交際クラブはセッティングされたからといってセックスするとは限りません。

お互い話し合って、交渉してセックスするかどうかを決めます。金銭的お互いが納得するかどうか、相手の容姿や会話が楽しいかどうかなどで決めたりします。なので女側としては客を選べる風俗みたいなもんですね笑

セックス代の相場としては一回3万円から7万円程度ですね。元人気グラドルの高崎聖子は一回10万円だったようです。

セックス代は交渉次第で増減するので、交渉下手なお人好しは銭ゲバ女からカモにされます。程度の低い女が調子に乗って7万も要求してくるのは、過去にお人よしの金持ちに甘やかされた結果だったりします。主導権を握られないことが大切です。

なので女から気に入られれば、無料でセフレにすることも可能です。最初のお手当て位はかかりますが、徐々に金額を下げていき無料にしてる人も少なくありません。

風俗

風俗でもセフレを作る事は可能です。ちょっとしたコツがいりますがそれほど難しいことではありません。デメリットとしてはいろんな男のチンポを生でしゃぶっているので、病気は怖いですね。

プレイ前にしっかり会話をすることで嬢の興味をこちらにひきつけます。風俗嬢は寂しがり屋も多く仕事を理解してくれる恋人を求めている側面もあり、風俗嬢の心を癒せるトークができると心を開いてくれたりします。

3回程度通って仲良くなり、店外に連れ出し無料セックスを楽しめる仲になればセフレ化完了です。風俗嬢のルックスはピンキリでトップアイドルクラスの女からとんでもないデブスまでいろいろです。

本番系のソープなどはプロ意識の高い女が多いので、非本番系のデリヘルや性感マッサージの女の方が攻略難易度が低いです。また非本番系の方が可愛い子も多いです。

風俗はキャバクラと違ってプレイもできるため、失敗した時のリスクは低いです。もしダメだとしてもプレイを楽しめばいいわけです。

出会いカフェ

大都市圏の繁華街にあるお店ですね。入会金、入場料を支払いに女の子を選びお話することができます。出会いと銘打っていますが、その大半の女は援交目的です。最初セックスするにはお金は必要ですが、男女の仲なので徐々に金額を下げてタダマンすることも難しくはないです。

効率的に出会えるので、時間と労力をお金によって省きたいと思うなら利用するのもありです。管理人もストリートナンパをやっていた時に、出会いカフェから出てきた女をナンパで連れ出したこともあります。

ただ出会いカフェの入り口で待つ作戦は、店員に絡まれる危険性があるのでお勧めはできません笑 やはり時間もかかるのでお店に入ってお金を払った方が早いかもしれません。

料金システムは、初回の場合に入会金が2,000円から5,000円ほど、毎回かかる入場料が2,000円くらい、カップル成立の時にかかる退出料が2,000円ほどです。合計で5,000円から1万円ほどになりますね。

部屋をマジックミラーで覗ける形式になっていて、くつろいでいる女の子を指名してトークルームでお話できるわけです。

まる1日、路上でナンパするかお金を払って時間を買うかのどちらかですね。ラブホに連れ出すにはホテル代とは別のお金がかかります。相場で言うと大体1回2万円程度でしょう。

ただ最初からセフレを求めてる女は少なく、金を稼ぎにきている女が多いのがデメリットです。ある程、身なりを小綺麗にしてトークで楽しませたり、セックスでイカせまくったりして、お金をもらわなくてもこの人とまた会いたいと思わせたら無料でセフレ化することも可能です。

しかし、援交女をタダマン女に変更できるぐらいのスキルを持っているのであれば、わざわざ出会いカフェでセフレを探すメリットはありかもしれませんね。逆にスキルを持っていなければ客にされるだけです。

 

ネットでセフレと出会う方法

ネットにもセフレをつける手段は多種多様にあります。最近では完全にスマホ2人も普及してきて、若い女から熟女人妻までみんなネットでつながっています。それなのでネットを制するものがセフレを制すといっても過言ではありません。

ネットの1番いいところは家にいながらセフレを探せることです。出不精のインドア派でも楽にできるわけです。そして実名で派手な活動でもしない限りリアルの知り合いに悪い噂が広まるようなリスクもありません。

一昔前はネットの女はデブやブスばかりと揶揄されていましたが、現在はクラスで1番可愛いレベルの上玉も珍しくありません。もちろんデブスも混じっていますが、普通に可愛い子とも出会えます。

SNS

TwitterやFacebooで女と出会うことができます。 一昔前ではmixiがグリーが流行ってましたね。特にツイッターは裏垢、エロ垢などがあってセフレを募集している女もアカウントを作っています。

自らの情報をいろいろ書き込むことができるため、情報発信をして女を引き寄せることも可能です。

SNSで女を釣る方法は二通りあって、こちら側から女にリプやメッセージを送り仲良くなってリアルで会う方法と上記のように魅力的なプロフィールとつぶやきで女から声をかけさせる方法があります。

エロい女が好むような魅力的なつぶやきで女のフォロワーをたくさん増やせたりすると、女側から「お会いしてくれませんか? 」とダイレクトメールが届いたりします。

お互いエロい目的のアカウントなので話は早く、すぐセックスに持ち込むこと可能なわけです。しかしフォロワーを増やすのがある程度文才というか女ウケする文章が書ける必要があります。または漫画が描ける人も有利です。

一時期「性欲強太郎」というアカウントがエロマンガでフォロワーを2万にまで増やし若い女の子と出逢まくってオフパコました。

オフパコとはネットで知り合った男女がオフラインでパコること。つまり実際に会ってセックスすることです。

女という生き物の中には有名というだけでホイホイついてきて、おまんこさせてくれる人もいます。バンドマンとかお笑い芸人とか食えるくらいに売れてなくても、プチ有名人程度で入れ食い状態になったりします。

SNSでもその状況は顕著で、フォロワーの多いネット有名人には女から連絡が来たりします。ブサイクでも有名なニコ生主やYouTuberもモテモテでオフパコに困りません。ただしあまり派手にあそび散らかすと、なまじ有名なだけに炎上も強烈です。

ネット漫画の性欲強太郎は炎上によって叩かれまくり、エロすぎる漫画は描けなくなりました。本人がビビって自主規制したのです。そしてオフパコもなくもなりました。打たれ強いタフな精神の持ち主でない限りSNSで有名人になる手法は、継続が難しいです。

下手をすると悪意を持った女やネカマに顔写真をばらまかれたり隠し撮りで動画撮影されたりする可能性もあります。また、住所や本名などを執拗に調べ上げられネットにさらされる危険性もあります。有名なのでいちど晒されたら光のスピードで拡散されます。

中には開き直って顔出しできたり、本名や住所をバラされても平然とオフパコしている男もいます。正直頭のネジがぶっ飛んでるとしか言いようがないですね笑

顔出ししてハメ撮り動画をアップしてたりします。ちなみにハメ撮りは手っ取り早くフォロワーが増える方法です。文才や漫画の才能がなくても作れる手軽な人気コンテンツです。そこまで開き直れるなら、オフパコ狙いでSNSの人気獲得を頑張るのもいいと思います。

出会い系サイト

意外に思われるかもしれませんが出会い系は実は穴場です。一時期サクラや不正請求、援助交際の温床となって廃れていました。

なので「今更出会い系なんかでまともな女と出会えるかよ!」と思う人も多いですね。特に管理人のようなアラフォー世代の男性はそう思うのではないでしょうか。

2000年前後は出会い系はスタービーチのような優良サイトが全盛で、普通の可愛い女子校生が女子大生が気軽に登録して簡単に出会うこともできました。しかし年月が経つにつれ悪徳業者や犯罪まがいの行為を行う奴らが出会いの場を荒らし始めました。

それにより規制も厳しくなり、まともな一般ユーザーが離れていき実際に出会うのが難しくなったのです。そしてリアルで男に相手にされないようなデブスや業者がはびこるようになりました。

しかしスマホが普及してから当時の出会い系を知らないような、一般の女の子がどんどん参入してくるようになったのです。出会い系サイトも健全運営化の営業努力も頑張りました。

例えば、男性向け広告だけではなく一般の素人女性も集まるように女性誌や街の巨大看板にも広告を掲載しています。大都市圏には大型の宣伝トラックも走っているのを見かけたことがある人も多いと思います。

このようにして、一般女性ユーザーを取り込み健全運営をされています。しかし悪徳サイトも根強く残っているのは事実で、これらにさえ気をつけていけば出会い系はセフレを作るための強力なツールとして活用できるのです。

一昔前はブスの温床でしたが、今では可愛いけれど出会いのないような女の子もたくさん登録されています。

そんな女の子たちに気軽に声をかけsexまで持ち込むのは他の方法に比べるとあまりにも手軽です。家にいながらゴロゴロしてスマフォをいじっていけばセフレ候補と出会えるのでリアルなナンパがアホらしくなってきます笑

断られても全く精神的ダメージもなく、SNSのように晒される心配もありません。 SNSで手当たり次第声かけるとダイレクトメールのスクショをとられて拡散されるリスクがあります。

しかし出会い系では、相手も出会いを求めているしそもそも拡散されるような仕組みではないのでリスクはほぼありません。もちろんあまりに酷い事したら、出会い系にいる女の子が自分のTwitterに男の悪事をツイートすることも考えられますが、普通に使ってる限りまずありえないことですね。

趣味のサイト

共通の趣味を持っている女の子と掲示板などで知り合いに仲良くなることができます。共通のコミニケーションを持っている同士なのでコミニュケーションには困らないと思います。

例えば、管理人の体験で言うとランニングの掲示板で知り合った女とセックスに持ち込んだ経験もあります。世の中には様々な趣味の掲示板やオフ会があるので、女との出会いを求めている人は積極的に飛び込みましょう。

むさ苦しい男としか交流できないような趣味を持っている人には難しいので、これから新しく趣味を作りたい人はできるだけ若い女が多いような趣味を持つといいかもしれませんね。

これはカルチャー教室の時に話しましたが、趣味の実力はある程度備わっていた方が女は落としやすいです。女はある程度尊敬できる要素のある男に心を開いて体を許す傾向があります。

セックスしたければ、その趣味を上達させると共通の趣味を持った女ウケが飛躍的にあがります。また初心者の女にターゲットを絞るのも有効です。賑わっているサイトや掲示板は初心者の女がどんどん入ってきます。そういう女に積極的に教えてあげると仲良くなれます。

しかし、趣味のサイトや掲示板のユーザーである限りそれほど美味しい思いはできません。最強なのは趣味のサイトや掲示板を運営する側に回ることです。

サイト運営者になれば、女から一目置かれます。特に人気サイトの管理人は一般利用者に比べて格段に女受けが違います。例えるなら学校一の人気者と冴えないクラスの三軍男子くらいの違いですね笑

この立場にいると口説くのはイージーゲームになります。ただし趣味のコミュニティなのであまりにも手当たり次第にゲスい事ができないのが難点です。やり捨てしまくったりすると悪い噂があっという間にサイト利用者の間に広まってしまいます。

それなので数はある程度絞って本当に気に入った美人やスタイルの良い女の子を狙い撃ちしましょう。普通に口説くより圧倒的に難易度が低く、絶対に実生活では口説けないような高嶺の花を落とすことも可能になります。

 

婚活サイト、マッチングアプリ

婚活サイト、マッチングアプリもセフレ探しには便利なツールです。しかしアダルト系の話題は制限されており、下ネタ系の話はなかなかしづらいので出会い系サイトに比べるとある程度ステップを踏む必要もあります。

登録している女は真剣に恋人を探しているような女から、遊びたい女まで様々です。大量に素人女がいるのでフィルターをかけてすぐ会えないようなもたもたしている女はどんどん損切りして、楽に会える女に絞ると効率的にセフレ候補が見つかります。

慎重派の女は警戒心が高く、男に求める基準も高くなかなかセックスさせてくれないので、時間もかかり面倒です。それなので気軽に会うことをほのめかすようなメッセージを送り、重そうな女だと判断したら次に行った方が得策です。

マッチングアプリの場合、異性からのいいね数によって人気が格付けされます。いいね数は写真によって左右されるので、できるだけ加工された写真の使うのがコツです。スマホの加工カメラアプリを使うと実物よりも写真のが良くなります。

馬鹿正直に無加工の写真を載せてもイケメン以外いいねは集まりません。女も加工アプリを使ってるし、化粧もしているので男側も遠慮することはありませんよ。

中には別人のイケメンの写真を使って会う人もいるくらいです笑

セフレを作るには出会えてナンボなので、会うためには犯罪以外なんでもする気概も大事です。会ってしまえば断づらかったりもするので写メ詐欺でもなんとかなるものです。

使い方によっては非常に有効なツールなのでセフレを量産したい人にはお勧めです。

まとめ

リアルとネットのセフレと出会う方法を一通り紹介してきました。どれも一長一短ありますね。お金がかかるもの、時間がかかるもの、労力がかかるもの、リスクがあるもの。どんな出会い方であるにしても何らかの代償はかかるものです。

その中でも1番に金銭的にも時間労力的にも負担の少ない出会い系サイトを私はお勧めしますが、合う合わないは人それぞれでもあります。

なんにせよ気になった方法は、まず試してみることが大切です。行動に移してみることです。ネットで得られる載ってる情報だけでは見えないこともたくさん見えてくるわけです。

自分に向いていないんだと思ってみた方法でも意外に簡単に楽しくセフレを作ることができたり、良さそうだと思っていた方法でも全然セフレができなかったりします。

最初は難しかった方法でも何度も繰り返しているうちに熟練してどんどん効率が上がり新規セックスが簡単になってセフレを量産できるようになったりもします。

まず広く試してみて、これはと思った方法に絞って深く追求していく。これがあなたに合ったセフレと出会う方法を見つけるための1番のコツです。

セフレができると、もう女に困ったりセックスしたくて悶々とストレスを溜める事はなくなります。 AVばかり見てオナニーをするよりいい女とセックスをして射精した方が、射精後の充実感が全然違ってきます。

ぜひこの記事を参考に最高のセフレを見つける手助けとなればと思います。

 

-コラム

Copyright© セフレ募集したいなら出会い系が一番!【非モテオヤジでも出来る!】 , 2018 All Rights Reserved.